脱毛に立ち向かう|女性の薄毛をストップ|悩みのない世界に導く
男女

女性の薄毛をストップ|悩みのない世界に導く

脱毛に立ち向かう

櫛

薬を使って取り組みやすく

男性型脱毛症の治療方針は模索されつつありますが、その中でもプロペシアという薬を用いた治療は、比較的取り組みやすく、継続する際も負担が軽い方法の1つです。福岡では、月額5,000円以下での治療ができる環境が整ってきています。プロペシアは飲むタイプの育毛剤で、1日1回の服用で効果を期待できます。主成分はフィナステリドと呼ばれるもので、男性型脱毛症の原因物質に働きかけ、その活動を抑制します。プロペシアの効果を実感するまでには、数か月服用する必要がありますが、脱毛を抑制して、やがては発毛が促進されるので、現状から毛が生えた状態まで回復できる可能性も高いです。福岡では、プロペシアの処方のみを行い、あとは経過を観察するだけという方針をとっている場所も少なくありません。時間的な負担が少ない分、仕事をしながらでも治療を行うことができます。

副作用は小さい

プロペシアは飲むタイプの薬なので、副作用が気になるところですが、プロペシアは前立腺肥大の治療にも用いられる治療薬の1つなので、特に問題はありません。頭痛や腹痛が報告されてはいますが、軽度なものが多く、容量を守っていれば心配する必要はほぼないでしょう。また、効果や安全性を高めるために処方箋に基づいて購入した方が良いでしょう。福岡でも、容量などを決定してから、医師が処方箋を出します。人によって容量が異なり、薬局で扱っている正規品の方が安全性が高いため、まずは医師の判断を仰ぐことが大切です。福岡では、かなり安い価格でプロペシアを購入できる場合が多いです。経済的な負担を軽くしながら、高い効果を期待できるため、積極的に医師と相談するとよいでしょう。