新しいAGA治療薬|女性の薄毛をストップ|悩みのない世界に導く
男女

女性の薄毛をストップ|悩みのない世界に導く

新しいAGA治療薬

悩む男の人

新薬の注意点

いま、効果の高いAGA(男性型脱毛症)の新しい治療薬として、ザガーロという薬が注目されています。東京でも、この薬を処方する病院が増えてきているようです。しかし、注意すべき点もあるようです。注意すべきポイントを以下にまとめましたので、きちんと確認し、正しく使用しましょう。まず、ザガーロは男性脱毛症に効く薬ですので、女性や未成年の男性には効果が認められていないようです。それから、ザガーロは保険適用外です。費用をあらかじめ確認しておく必要がありそうです。東京では扱っている病院がありますので、診療にかかる前に確認しておくのもよいでしょう。そして、副作用効果が強い反面、副作用もみられるようです。具体的には、勃起不全、射精障害など性機能障害や、頭痛などです。東京には、副作用まで対応してくれる病院もあるようです。最後に、輸血・献血ができないザガーロ使用中には、輸血・献血をしてはいけません。また、献血については、服用終了後6ヶ月は間を空ける必要があるそうです。以上が注意すべき点です。先にも述べたように、東京都内には、ザガーロを扱う病院がありますので、信頼のできる病院に出会えるとよいですね。

具体的な効果

ザガーロの特徴はなんといっても、その効果の高さです。ザガーロが発売される前に、一般的な治療薬であったプロペシアの効能は、「男性型脱毛症の進行遅延」であったのに対し、ザガーロの効能は「男性型脱毛症」です。つまり、ザガーロは、男性型脱毛症の進行を遅くするだけでなく、発毛させる効果も認められているということです。これは、長年男性型脱毛症に悩まされてきた方々にとっては、大きな希望になるのではないでしょうか。服用の方法は、プロペシアと同様、食事関係なく24時間に1回の服用です。飲み忘れがあると効果が得られない場合があるようですので、注意しましょう。料金については、1箱1万円弱のところが多いようです。各病院のHP等で確認してみましょう。